出産を控えて、今後手入れできそうにない長い髪にさよなら!

出産を控えて、今後手入れできそうにない長い髪にさよなら!

 私は学生の頃から10年ほど、髪の長さは肩胛骨のあたりをずっとキープしていました。長い髪が流行っていたのもあるし、髪は長い方が絶対おしゃれだと思っていました。また、少しクセのある髪質なので、長さのある方が髪の重みでまとめやすかったのもあります。

 美容院に行っても、いつも毛先の伸びた分だけしかカットしませんでした。それだけ長い間、長い髪を保っていたのですから、髪はもう自分の体の一部のような感覚でした。毎日長い髪をシャンプーしたり、乾かしたり、お手入れが大変でも、大切な髪をばっさり切るなんて、とても悲しすぎて、絶対できないと思っていました。

 けれども、結婚してお腹に子どもを授かった時、これからどうしようと悩みました。出産後、赤ちゃんのお世話をするのにきっと精一杯で、自分の髪のお手入れをしている時間がないのでは、と予想されたからです。周りの友達も、出産前に長かった髪を切る人がとても多くいました。

 でも、私の場合は髪を切ってしまって、似合わなかったらどうしようと思い、しばらく考えました。クセで髪がまとまらなかったら、イヤだなあと思いました。けれども、どんどんお腹が大きくなってきて動くのも苦しくなり、7ヶ月に入ったころ、今のうちに髪を短くしておこうと決心して、美容院に行きました。

 鏡の前で、髪にはさみが入れられていくのを見ていました。20センチほどの髪の束が次々と床に落ちていき、少し切なく思いました。けれども、髪を切ったら、肩や首のまわりがすごくすっきりして、心まで軽くなった気がしました。クセも思ったほどでなく、その頃にはゆるふわなヘアスタイルも流行ってきていたので、こういうのも意外といいなと思いました。

 主人も、「短い方が明るい感じがするね」と言ってくれたので、すごくホッとしました。以来、もうずっと髪は肩につくかつかないかの長さです。二人の子育てに追われているので、髪を乾かしたり、お手入れしたりする時間も短く済んで、本当に楽です。だから、今はもう長く伸ばそうなんていう気にもなれません。

 でも、たまにきれいに髪を伸ばした、すごくステキなママさんに会ったりすると、女性らしくて、綺麗でいいなあって、うらやましく思う時もあります。だからいつか、子育てが落ち着いて、自分のために時間をたくさん使える時がきたら、髪を伸ばそうと思う時もくるのかもしれません。

 けれど、今現在は、髪が短いのに慣れてしまって、この手軽さがすごく気に入っているから、伸ばすつもりは当分ありません。まだ何年間は、短い髪の自分でいたいと思います。